HOME>特集>求人検索の前に確認!神戸で医療事務するなら病院?診療所?

求人検索の前に確認!神戸で医療事務するなら病院?診療所?

履歴書

医療事務スタッフにはマルチなスキルが求められる

神戸付近で医療事務の求人を探している人の中には未経験の方もいることでしょう。では、医療事務のスタッフにはどういったスキルが求められるのでしょうか。まず、医療事務という仕事は、コミュニケーションのスキルが求められます。窓口で患者やその家族の不安を和らげ、専門的な言葉は分かりやすいように伝えられる能力も求められます。また、未経験の方はレセプトという患者の領収書などを作成する事が出来るソフトの入っているコンピュータの使い方も同時に覚えなければいけません。なので、高度なPCスキルまではいきませんが、一般的な事務職と同じくらいのPCスキルが備わっていると安心です。さらに、作業の正確性も求められます。間違ったレセプトを出してしまうのは問題につながりますので、複数作業を効率よくすばやく行えるといいです。医療事務の仕事は、的確で、患者に寄り添ったサービスが求められるのです。

病院と診療所では仕事内容に違いはあるのか?

神戸には様々な医療機関があります。そもそも医療機関は、大きく病院と診療所の2つに分けることが出来ます。診療所というのは、クリニックや医院など「病院」という言葉を使っていない医療機関です。では、医療事務の仕事をするにあたり、この2つでは仕事内容に違いはあるのでしょうか。実は、仕事内容にそこまでの違いはありませんが、仕事の仕方には違いが出てきます。病院では作業が分業になっていることが多く、大きな病院ともなると1日に来院する患者が多いため、作業の早さも身に付けることが出来ます。また、総合病院などは様々な科の仕事を覚える事が出来ます。一方、診療所の場合は比較的緩やかなペースで仕事を進める事が出来る上、医療事務の知識を幅広く身に付ける事が出来ます。また、規模も小さいためよりアットホームな雰囲気の中で業務が出来る事でしょう。ですので、病院でキャリアを積み、その後から病院や診療所どちらかで働くといったことを決めても良いかもしれませんね。

広告募集中